院長ブログ

四つ葉のクローバー
宇都宮市竹林、よつばハートクリニック院長のブログ

平和について

0

    南スーダンにPKOで派遣された陸上自衛隊の日報の存否を巡っての防衛大臣の発言に、自衛隊内部からも異を唱える者が出てきた。大方の予想通り隠蔽を了承していたというものである。どうしてここまで出鱈目な発言を繰り返す人が更迭されないのか不思議だ。他の失言大臣はもう少し速やかに退いているのにこの人だけ異様に守られている感じがする。そもそもは紛争地域に軍隊を派遣したら戦闘が起きたということである。林間学校にカッパを準備して持っていったら雨が降って使う羽目になったとういのと同じ確率事象だ。ここで自衛隊の存在そのものを議論するつもりは毛頭ないが、どう考えたって現行の憲法では赦されないことをやっている。それを紛争地帯かどうか、衝突か戦闘かなどと言葉遊びのような話が続く▼18日、聖路加国際病院の日野原重明先生が亡くなった。105歳だった。医師や教員、議員などが同業者を先生と呼ぶのは一般の人の感覚からすると嫌な感じがすることもあろうが、やはりそう呼ばせていただく(何かを直接教わったことがある訳ではない)。私が先生を付けて呼びたくなるのは、他に指揮者の故・朝比奈隆先生、将棋の加藤一二三先生ぐらいか。何れも高齢になるまで同じことをエネルギッシュにやり続けたという点で共通している。その日野原先生、凄いのは東京大空襲とよど号ハイジャック事件(乗客として)、地下鉄サリン事件の3つを経験しているということ。そして著書や寄稿、講演などで繰り返し訴えたのは平和の大切さと今の憲法を護ることの必要性についてである▼この仕事をしていると人の命の重さを日々痛感する。時々押しつぶされそうにもなる。幸せな一家が一人のひとつの病気でどん底に陥るのを数々見てきた。今の日本の見かけ上の平和もほんの少しの綻びから破れるかもしれない。戦争で、戦場で起きることは人命の軽視でああり報復の連鎖だ。この国の今の政権は戦争をやりたがっているとしか思えない。異を唱える者は監視し排除されるシステム・法律が既に出来上がっている▼医療の世界は試行錯誤の積み重ねだ。こうすると人が助かるということが明らかになる背景には多くの犠牲が隠れているのである。大事なことは失敗を先生として学ぶということ。歴史という先生からも学ばなくてはならない。そして似たようなことが起きないようにしなければならない。世の中のひとつひとつが前回の戦争の少し前の日本と似ているような気がする。また歴史の生き証人が一人この世を去った。


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    archives

    profile

    search this site.

    others